目標達成できない人は反省ができない

反省のポーズ
営業は目標達成するかしないかということが常に付きまとってくる職業です。

ただ不思議なのですが、
達成できる人はほぼ毎回達成できるし、
達成できない人もまたほぼ毎回達成できないものなんですよね。

この差は何かというと、

それは反省がうまくできているかどうかなのです。

反省がうまくできない理由は2つあります。

1つは、現実に感情が支配されてしまい、冷静に自分を振り返ることができなくなるからですね。

詳しくは前回の記事をご覧ください↓↓

結果には波があるって本当に理解できてる?

もう1つの理由は、視野が狭く全体が見えていないということです。
全体像が分からずに、その場しのぎの対策ばかりに目が行ってしまうわけですね。

今回は、俯瞰して全体像をとらえるために、現実がどうやって生まれるのか、その仕組みについて書いていきたいと思います。

その現実はどうやって生まれるの?

成功と失敗

目の前にある結果って、どうやって生まれるんでしょう?

生きていれば良い結果も悪い結果も様々ありますが、

例えば、
営業でいえば、契約が取れた!とか取れない!いう現実

スポーツでいえば、試合に勝った、負けたとか、活躍できた、できないという現実

人間関係でいえば、仲良くできた、ケンカしたとか、
彼氏彼女と付き合うことができた、フラれてしまったいう現実

そのような様々な結果が日々生まれているわけですが、
その結果は、いきなり生まれるわけではないんですね。

では、そのような現実ってどうやって生まれるのでしょうか

まず、現実や結果が出る前には、必ず何らかの行動を選択しますよね。

どんな言葉を話すのか、
どんなリアクションをするのか、
どんな態度で、どんな表情で、
どんな身振り手振りをするのか、
または行動しないという選択もありますが、

意識的でなくても、無意識に何らかの行動を私たちは選択しているものなのです。

だから、現実は何から生まれるのかと言ったら、自分が選択した行動から生まれるということです。

法則① 行動の選択が現実をつくる

だから現実を変えるためには、
「現実が変わってくれないかな~」
と期待しているだけでは意味がなく、

どんな行動を選択して、今の現実になったのかを振り返る必要があるわけですね。

ただ、ここで問題になってくるのが、前回話した感情の動きです。

一般的に私たちの感情は、

良い結果が出れば、感情はプラスの方向へ向かい、
悪い結果が出れば、感情はマイナスな方向へ向かいます。

それは別に仕方がないのですが、その感情に流されてしまうと、自分がどんな行動を選択したのかを振り返ることができなくなってしまうんですね。

だから、感情の動きに振り回されずに、全体見通すことが重要になるわけです。

何があなたの行動を決めている?

行動する人
それでは、ここからさらに俯瞰していきましょう。

目の前の現実は、僕らが選択する行動によって生まれるのですが、
その行動の選択は何から生まれるのでしょうか。

あなたの行動はその時の思い付きですか?
それとも何か根拠がありますか?

普段あまり考えたりしないですよね。

答えを言いますが、行動のもとになるのはマインドです。

法則② マインドが行動の選択に影響し、その行動の選択が現実をつくる

マインドとは、考え方だったり、思考の癖とか、思い込み、感情、セルフイメージとか、心の中の状態全部を含みます

僕ら人間には、内側にあるものが外側に出てくるという習性があります。
だから、心の中の状態によって、表に出てくる行動が変わってくるのです。

行動は具体的なものですが、マインドは抽象的なものです。

抽象的なマインドは分かりにくくて目に見えないものですから、敬遠されがちですが、

行動の源泉になる非常に重要ものです。

だから自分の行動はどんなマインドに基づいているのかを考えることは必要不可欠なのです。

マインドで重要なことは、どんな未来を見据えているのかということです。

目指す未来がマインドを作り、
そのマインドによって行動を選択し、
選択した行動によって現実が決まるということです

マインドを整えることで、行動の選択が変わり、現実も変わるのです。

①マインド → ②行動の選択 → 現実

一般的に反省するときには、②の行動のみを振り返ることが多いと思いますが、

それでは不十分で、①のマインドも振り返る必要があるということです。

そもそも自分のマインドは整っているのか?

その根本が歪んでいると、現実を良いものに変えていくことはできないのです。

成長するためのマインドについては、こちらの別記事を参照してください↓↓

成長を邪魔する6つのマインドセット

今回は、現実がどうやって生まれるのか、その仕組みについて解説しました。

この全体像を理解していないと、日々結果に感情が振り回されてしまったり、

重要度の低い枝葉の部分に意識が向いてしまい、その場しのぎの対策ばかりやってしまい、なかなか成果を出すことができなくなります。

では今回は以上となります(^^)/