営業で成績不振から脱出する方法① 不調とはどんな時期か

営業成績が低迷するということは誰にでも経験があると思いますが、

今回は不調から早く抜け出すための考え方について書いていきたいと思います。
画像の説明

営業成績の正しい考え方

画像の説明

私は野球はやりませんが、営業成績は野球の打率に似ているところがあって、
普段は3割の打率があるのに、今月は1割5分しか打てなかったなんてことが野球においてはよくあると思います。

でも仮に1か月間の打率が1割5分であったとしてもシーズン通しての打率が3割あれば、一流のバッターと言えますよね。

営業成績も同じで、仮に1か月間の成績が悪かったとしても、半年間とか1年間という長期的に好成績であれば何の問題もないわけですね。

だから営業成績の考え方としては以下の3つをまずは覚えておきましょう。

① 成績は短期的に見れば必ず波がある
② 長期的(半年単位や1年単位)に良い成績を目指すこと
③ 成長=年間アベレージのアップ

成績というのは、短期の波が必ずありますから、長期的な視点で成績を上げていくという考え方が必要です。

だから1日、1週間、1か月単位の成績でことさら喜んだり、落ち込んだりしても意味がないわけです。

営業成績というのは、長期スパンで考え、長期スパンの成績を向上させることができるかどうかが重要なのです。

不調は必ずあるもの

画像の説明
営業だけではありませんが、どんなことでも、ずっ~と安定して良い状態ではいられないものです。

物理の世界ではエントロピー増大の法則と言います。

ものごとは放置していると無秩序に向かっていくという法則です。

あなたの部屋も放置しておくと、いつの間にかモノが散らかって、無秩序な状態に向かっていきますよね。

営業成績も何もせずに放っておくと段々やるべきことがおろそかになって、無秩序な状態に向かっていきます。

要するに何もしなければ安定していた成績は徐々に不安定に向かっていくのです。

これはすべてに当てはまりますので、何もしない、これまで通りでいるということは、不安定への道へ向かって歩いているということなのだと理解しておきましょう。

不調というのは必ず来るものですが、
大事なことは放置しないということです。

不調のときの対策を確実に実行すれば、成績は安定へと向かっていくのです。

調子の良いときと悪いときの定義を変えろ!

画像の説明
あなたにも経験があると思いますが、
調子の良いときは、何をやっても大体うまくいきます。

いつも通り普通にやっているだけで契約もバンバンとれたりして、すごく楽に仕事がやれますよね。

この時は良い波が来ているので、できるだけ突っ走っていくことが重要です。
手を抜かずに、ガンガン突き進んで、自己最高記録を出すつもりでやっていきましょう。

逆に不調の時は何をやってもなかなかうまくいかなくなります。

調子の良いときと何ら変わらずに、いつも通りやっているのに、なぜか結果がでないという非常につらい時期ですね。

この時期を乗り切るためには、調子の良いときと、悪いときの考え方を根本から変えていかなければなりません。

調子の良いときとはどんな時期か

調子の良いときは何も難しいことを考えなくても結果がでるので、
調子の良い時期=行動量を増やして、結果を出しまくる時期
と考えてください。

それは言い換えると学ばなくても結果を出せる時期とも言えますので、
調子の良い時期=学び少なく結果を多く
という時期と言えます。

不調とはどんな時期か

画像の説明
では、不調の時はどんな時期かというと、まさにこの時が学びの時期なのです。

これは先ほどの逆になります。
調子が悪い時期=結果少なく学びを多く
という時期になります。

もちろん結果も学びも両方とも多い方が良いに決まっていますが、
学びの量は、明らかに調子の悪いときの方が多くなります。

人間は調子の良いときにはあまり考えることはありませんが、
調子が悪いときに、自分のやり方を改善したり、
これまでのやり方や考え方を改めたりするのです。

そのような学びがあるから、その不調から脱出できたときには、それまでの自分よりもステージが1段上がり、成長した自分になれるのです。

これは、言い換えれば、不調がなければ人間はなかなか成長しようとしないということなのです。

だから不調が来たときには、「よし、成長するチャンスが来たー!」というマインドを持ちましょう

よろしいでしょうか。
不調=成長するチャンス なのです。

そう考えれば、不調なんて恐れるものでもなんでもなく、
逆にウェルカムなんですね。

ただ、そうは言っても営業成績が低迷しているときというのは、かなり苦しいですよね(+_+)
私もたくさん経験してますから、その気持ちはとてもよく分かります。

でも苦しいからこそ、その状況から脱出したいと思うし、だからこそ学んでいくわけです。
だから苦しい思いというは、成長にとっては必要な感情なのです。

ただ、苦しいままでは身が持たずに病気を患ったり、精神的に追い詰められてしまうなど、心と体の異変を起こすということもありえます。

ひどい場合には、過労死やうつ病になって自殺みたいな話もありますからね。

だから低迷しているときの苦しさはあまり長びかせないように、なるべく早く苦しい状況から脱出できるようにしなければなりません。
そのための方法については、次回の記事に書いていきたいと思いますので、お楽しみに!