セールスの5つの壁を乗り越えろ!

どうもこんにちは、小田です。

セールスでやることは、必要な人がスムーズに決断できるように導くことなのですが、なかなかスムーズにはいかないものです。

なぜかというと、成約までには乗り越えなければならない壁があるからです。

どんな壁があり、どうやって乗り越えていけばよいのかを知っていなければ、スムーズに決断してもらうことはできません。

今回の記事は、成約までにどんな壁があるのかを書いていきますね^ ^

セールスの5つの壁

画像の説明

セールスの壁は、下の5つです。

1 聞こうとしない
2 理解しようとしない
3 信じようとしない
4 行動しようとしない
5 続けようとしない

1つ1つの詳しい内容は別記事で書いていきますので、今回はざっくり全体像を知っていただければと思います。

1 聞こうとしない壁

画像の説明

最初に立ちはだかる壁は、聞こうとしない壁です。

話を聞いてもらえなければセールスは始まりませんから、

最初は、いかに話を聞いてもらうかということに集中する必要があります。

この壁をどうやって乗り越えるのかが最も大きな課題となります。


2 理解しようとしない壁

画像の説明

「自分に関係がある話かもしれない」とか

「面白そうだな、役立ちそうだな」

と思ってもらったら、

1つ目の聞こうとしない壁を乗り越えたということになります。


続いて出現する壁が理解しようとしない壁です。

理解しようとしないとはどういうことかというと、

すんなり理解できる話でなければ、話を聞き続けてくれないということです。



断言しますが、

「難しい話で理解できないけど、すごく興味があるから、頑張って聞いてみようかな」

なんて思ってくれる神のような人はいません。

だからこの壁を乗り越えるためには、分かりやすさが必要になります。

3 信じようとしない壁

画像の説明

続いての壁は信じようとしない壁です。

相手が話を聞いてくれても、その話を信じてくれるかどうかは別問題です。

セールスはYESの積み重ねが必要となり、

最後にもらわなければならない大きなYESが成約となります。

YESを積み重ねていくために必要なことは、信頼性ですね

4 行動しようとしない壁

画像の説明

話を聞いて、信頼してくれたとしても、

「良いものなのは分かったけどもう少し考えたい」

とか

「今はまだいいかな」

と決断を先延ばししたくなるのが人間です。

最後の大きなYESを取るためには、今すぐやりたい!という気持ちになってもらわなければなりません。

そのためには、今やるべき理由を明確にするは必要があります。

5 続けようとしない壁

画像の説明

ここまでの壁を乗り越えることができれば、成約に至ることができますが、

ここで話は終わりません。

ゴールは成約ではなく、あくまでもファンになってもらうことです。


買ったはいいけど

継続できないとか、
効果的に使用できない
うまく利用できない

なんてことになったら、そこで信頼度は落ちてしまい、その後につながりません。

だから、買って終わりにならないようにしなければなりません。

覚えておいてほしいのですが、

セールスする側として最悪なのは買わないことではなく

買って使わず不満が残るということなのです

それは販売した後に考えればよいと思うかもしれませんが、それでは遅いです。

セールス前から考えて、使うべき人、利用すべき人に購入してもらいましょう。



これら5つの壁を乗り越えることができれば、買うべき人がスムーズに決断してくれて、

さらに、購入した後も満足してくれて、リピートや紹介につながっていきます。

今回は、5つの壁とはどんか壁なのかについて書きましたが、それぞれの壁を乗り越える具体的な話については今後の記事で(^o^)/

ではまた。

進化型セールスの力 目次