セールスは仲間を作る活動

画像の説明
どうもこんにちは、小田です。

今回はこれからのセールスに欠かせない2つの軸について書いていきます。

2つの軸

これから話す2つの軸はどんなビジネスにも、欠かせない視点です。

その軸とは

期間の長さという時間軸

影響の範囲という空間軸

時間軸

時間軸というのは、長期的に考えるということですが、

これには、2つの意味があります。

それは、相手にとって長期的利益につながること

そして、こちらにとっても長期的利益につながることです。

空間軸

そして空間軸というのは、

要するにどれだけたくさんの人に広がっていくかということです。

これは、たくさんの人が興味を持ち
たくさんの人が購入して
たくさんの人がファンになるという意味です。

ここで大事なことは、たくさんの人が向こうから集まってくるということです。

この2つの軸を大きく広く考えるほど、器の大きなビジネスになり、受け取るお金も大きくなっていきます。

時間軸と空間軸が小さいというとは、短期的利益を求め、影響力の範囲が小さいということですから、

器の小さなビジネスになり、結果的に収益も小さくなってしまいます。

このサイトでもセールスにおけるゴールについてよく書きますが、

「売れれば良い」と思っている人のゴールは、
明らかに短期的視点かつ影響の範囲が小さなやり方を選んでしまっています。

そうならないためにも、常に全体像を見据えて活動していきましょう。

セールスの全体像

ビジネスでは、長期的な時間軸で考えることが必要ですが、そのために必要なことは、セールスの全体像を理解しておくことです。

  1. お客を集める
  2. 教育する
  3. 販売する
  4. 満足してもらう
  5. ファンになってもらう

セールスはこの1〜5の流れで進めていきますが、大事なことはしっかりゴールを見据えているかということです。

ゴールは何かというと、ファンになってもらうことですよね。

営業をやっているとほとんどの場合、3の「販売する」ということだけに力が入ってしまいます。

営業には、営業成績や上司から締め付けは付き物です。だからどうしても利己的になりがちなんですね。

それでも、ゴールがファンになってもらうということが分かっていれば、利己的な自分が顔を出しても自分で気がつくことができるようになります

だから、この1〜5までの大きな流れを常に意識して活動しましょう。

ファンになってもらうためには、相手に大きな価値を与えなければなりません。

利己的なやり方ではファンになってもらうことはできませんので、

1〜5までの流れが理解できていれば、自然と長期的な時間軸で考えることができ、利己的な営業から脱皮することができるわけです。

営業はワンピースと同じ

画像の説明

また、もう1つの軸である空間軸を大きくするには、どうすればよいでしょうか。

要するにたくさん人が向こうから集まってくる方法ですね。

その答えは、ワンピースにあります。

ワンピースのルフィが戦う理由は、最果ての島ラフテルへ行き、ひとつなぎの大秘宝を見つけて海賊王になるためです。

ルフィは、冒険の先々で、色々な人の問題を解決して、たくさんの人を助けながら進んで行きます。

そうすると、段々仲間が増えていき、みんなルフィを応援するようになります。

一見するとルフィはただ、自分の目的に向かって真っ直ぐに進んでいるだけのように見えますが、

仲間のためや、自分が信頼する人のためなら、命を危険にさらしてでも、人助けをしています。

要するに自分のことよりも人助けの方を優先しているのです。

営業の世界は、売れれば正義という風潮が未だにまかり通っている世界ですから、どうしても目先の売り上げがゴールになってしまいがちです。

自分の売り上げのことだけを考えた利己的なゴールでは、誰からも共感も信頼もされません。

ルフィのように、自分に関わる全ての人の問題を解決して、みんなから応援されるようになれば、仲間が増えて、あなたのファンになっていきます。

要するに、あなたの行きたい未来を宣言して、その未来に共感する人たちを集めて、その人たちの問題を全力で解決していくということです。

自分のためにも利他的になれ

画像の説明

誰かのためにとか、利他的というと偽善的に聞こえるかもしれませんが、

自分のことを犠牲にして他人に尽くせみたいな聖人君子になれという話ではありません。

そんなきれいごとではなく、利他的の方が自分にとって良い結果になるのです

というのも、人は自分のためだけでは頑張れないものだからです。

「自分のためなんだから、勉強しなさい!」と親から言われ、

自分のためだと分かっていても、なかなか勉強できなかった経験はあなたにもありませんか?

または、健康のためにダイエットしなければならないと分かっていてもできないということもありますよね。

勉強もダイエットも健康も全部自分のためですが、自分のためだけに頑張れるほど、人は強くないのです。

だから、他人を巻き込むことが必要になるのです

自分だけでなく、自分の大切な人のためなら、頑張れる可能性は上がります。

そしてみんなから感謝されたら、さらにやる気が増しますよね。

だから、仮にゴールが利己的なものだったとしても、たくさんの人を巻き込んで、みんなで一緒に良い未来へ行く!という姿勢が大事なんですね

その姿勢により、人は迷わずに行動を続けることができるし、周りの人から共感や信頼を得ることができるのです。

長期的かつ影響力の大きな活動をしていくためには、ルフィのような仲間を作る活動が必要です。

大きなゴールを忘れずに、自分のためにも利他的になりましょう。