コミュニケーションの絶対原則

コミュニケーション
一生懸命話したけど成約にならなかったときに、

「くっそー、なんで分かってくれないんだ!」

と悔しい思いをしたことは、営業をやっていれば誰でも経験していますよね。

今回は理解してもらうために、絶対に忘れてはいけないことについて書いていきます。

人間はなぜコミュニケーションをとるのか

人間がコミュニケーションをとる理由は、生きるために必要だからです。

人はなんらかのグループに属していなければ生きることができません

家族というグループや友達というグループもあります。

会社に勤めているなら、会社というグループ、

あなたが住んでいる市町村や、都道府県、国もグループですから、

この日本に住んでいる限り、グループに属していない人は誰一人いません。

何らかのグループに所属している限り

人と理解し合うことがいつでも必要になります

営業中はもちろんですが、
会社の中の人間関係や家庭や友人関係など、
すべてにおいて理解し合うことが必要になります。

でも、お互い理解し合わなければ生きていけないにもかかわらず、

コミュニケーションを取る上で、絶対に知っておかなければならない原則を教えてもらったことはないですよね。

営業はコミュニケーションです。

だから、コミュニケーションの原則を知らなければ、良い結果を出すことはできません。

以下の原則は、必ず覚えておいてください。

コミュニケーションの絶対原則

では、コミュニケーションにおける絶対原則とは何かを見ていきましょう。

それは、

人は誰しも自分のことを理解してほしいからコミュニケーションをとるということです。

セールスで考えてみると

あなたはあなた自身のことや、あなたの商品、サービスのことを理解してほしいと思ってコミュニケーションをとりますよね。

では、あなたの話す相手はどうでしょう?

当然相手も自分を理解してほしいと思っています

この構図を理解することが重要です。

お互い自分のことを理解してほしいと思って話している構図ですね。

話している時に相手の理解してほしい気持ちを忘れてしまい、

夢中になって自分のことだけ理解してもらおうとすると失敗します。

ではどうすればよいのか。

答えは、自分のことを理解してほしいと思うなら、まずは相手を理解することが先です。

先に相手を理解して、その後自分のことも理解してもらう

この順序が逆になると失敗するので、成約にならなかったときは、トークの出来不出来よりも、

まずは相手を理解できたかどうかを振り返るようにしましょう。

進化型セールスの力 目次