売る自信マンマン営業マン

画像の説明

売る自信マンマンの営業マンは嫌われる

突然ですが、売る自信を持っている営業マンって好きですか?

「自分が話せば誰もが欲しくなる。」
「絶対に必要です!」
「買わなければ後悔するよ!」

そんな雰囲気を漂わせながら、得意げに喋っている、そんなイメージでしょうか。

もし目の前にそんな営業マンがいたら嫌ですよね。個人的には私が最も嫌いな営業マンです。

私と同じように感じる人は、決して少数ではないと思います。

では、このような売る自信マンマンの営業マンはなぜ嫌われるのでしょうか。

他人を変えることはできない

画像の説明

営業をやる上での必須マインドセットは、他人は変えられないということです

自信満々の営業マンが嫌われる理由は、

相手を説得しようと、自信があるように振舞ったり、
時に高圧的になったり、長く粘ったりなど、

相手を変えようとするからです。

ただ覚えておいてほしいのですが、人は誰かに意見を変えられたいとは思っていません

例えば、タバコを吸っている人は、他人に説得されて禁煙したくはありません。

禁煙するなら、自分で決めたいと思っていますから、他人に言われると、かえって反発したくなるものです。

また、子供の頃に親から「勉強しなさい」と言われると、

「今やろうとしてたのに、そう言われたらやる気がなくなった」という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

要はやるかやらないは、他人に決められたくないという心理があるわけですね、

では、どうすれば良いのかというと、

相手が自分の判断でやりたいと思ってもらうということです。

では、どうすればやりたいと思ってもらえるの考えていきましょう。

お金を払う理由

画像の説明

人がお金を払って買い物する理由は、今の悩みを解決したり、より良い未来を得たいからです

上で書いた営業マンが嫌われるのは、人が買い物する理由を無視して、説得しようとしているのです。

どんな未来が手に入るのか、相手はそこにしか興味がありませんから、

相手の悩みが回避される未来

相手が望むより良い未来

さらに相手が気付いていないもっと良い未来

これらの未来をまずは示してあげることが、必要となります

商品の性能やスペックばかりにフォーカスしている営業マンは嫌われて当然なのです。

営業マンがすべきこと

人を説得する自信なんていりません。

かえって邪魔です。

見込み客が望む未来を得るために、本当は何が必要なのかを教えてあげ、さわやかに背中を押してあげてください。

本当の自信の持ち方については、こちらの記事をご覧ください↓↓

無駄な自信は捨て去って成長を加速させる方法

セールストークの落とし穴

マインドセット 目次