胡散臭いと思う商品を売る必要はあるのか

あなたは自分の会社の商品が疑わしいものだったらどうしますか?

ほんとに効果があるのかどうか疑わしいものを、自信満々に誰かにすすめることができますか?

今回はあなたが本心から伝える大切さについて書いていきます。

罪悪感を感じるセールス

画像の説明

自分の中でうさんくさいと思っている商品やサービスを、仕事だから仕方がないと思って売ることって辛いことですよね。

辛くなる理由は、自分に嘘をつかなければならないからです。

販売するときに、「正直な話、これはかなり胡散臭いものですが・・・」と本音を言えませんから、「これは良いものですよ」と無理やり言わなければならないわけです。

自分に嘘をつきながら販売しているとどうなるかというと、最初は罪悪感を持っているものですが、段々マヒしてきて、「仕事なんだからそれが当たり前だ!」と後輩や部下に指導していくんですね。あたかもそれが大人なんだと言わんばかりに(+_+)

断言しますが、そんな営業をやる必要はありません!

このサイトは人間的魅力と売る力の両立させることを目的としていますが、自分に嘘をつきながら販売していては、人間的魅力はどんどん低下していきます。

ビジネスの基本は価値の提供であり、相手を助けてあげることです

相手を助けることができなければ、価値を与えずに、お金だけもらうということですから

罪悪感が生まれて当たり前ですね

会社にとっても害

自分に嘘をついて罪悪感の感じるセールスは、あなたにとって害になるのはもちろんですが、さらに会社にとっても害になっていきます。

なぜなら、似たようなものやサービスが溢れている時代ですから

利益を優先するような会社から買わなければならない理由はないからです。

現代人は、利益優先の考え方を驚くほど敏感に察知します。

儲けることしか考えていない会社だとレッテルを貼られたら、もうその会社のものは買いたくなくなるものです。

だから今後はますます利益優先型のセールスをやっている会社は淘汰されていくでしょう。

リサーチが重要

画像の説明

実際、好きでもない商品やサービスを売ることほど、辛い仕事はありません。

ただ、ここで注意したいことは、商品が好きかどうかは、じっくり調べてからでないと判断できないということです。

要するに大してリサーチしてない状況なら、好きかどうかや、本当に良いかどうかは判断してはいけないということです。

あなたが扱う商品はどんな商品なのか、

詳しく知るためにはリサーチが重要です。

自分のすすめる商品はどんなものなのか?
どんな特徴があるか
どんな理念があるか
どんな苦労があって出来上がったものなのか?
競合他社と比べてどんな特徴があるのか?
その市場のお客はどんな悩みを抱えていて、あなたの商品はその悩みをどうやって解決することができるのか?

深くリサーチして、それでも致命的な欠陥のある商品なら、それは売るべきではありません

ファンになろう

画像の説明

リサーチをして深く知ることで、商品の良さが分かってくれば、あなたは心底その商品のファンになっていきます。

目指すはオタクの域に達するぐらいの一番のファンになることです

なぜファンになった方が良いのかというと、

好きなものの話をしている人はとても生き生きするからです

生き生き話すということは、セールスにはとても重要なことなのです。

セールスの2つの言語

画像の説明

セールスでは、相手にメッセージを伝えますが、

メッセージは、言葉で伝える方法(言語メッセージ)と
言葉以外で伝える方法(非言語メッセージ)の2種類があります

非言語メッセージとは、身振り手振りの動作や、表情、姿勢、ふれあうこと、香りなど、言葉以外のコミュニケーションの手段です

特に大事な非言語メッセージは、その人から滲み出る印象や雰囲気です

セールスにおいては、どんな言葉を話すかに意識が向きがちですが、

印象や雰囲気などの非言語メッセージもとても大きな役割を果たします。

商品のファンになると生き生きすると話しましたが

ファンになれば、好きだというプラスの雰囲気が相手に伝わるのです

仮に話す言葉が同じでも

そのプラスの雰囲気が相手に伝染し、相手を本気にさせる原動力となるわけです

ただし、一つ注意点があります。

自分の好きなものを生き生きと話すことと、自分が好きだからと言って他人に押し付けることはまったく別の話だということです

お客はあなたの大好きな商品を買うのではなく、それにより得られる結果に対してお金を払うのですから、

お客中心に話をしなければならないということは覚えておいてください

本当の誠実さ

自分に嘘をついて罪悪感を感じる営業

自分が本当に良いと思ったものを相手に勧めて喜んでもらう営業

どちらの営業をやっていくかで、人間的魅力に差がつきます。

罪悪感というのは、自分の心に大きなダメージを与える感情です。

そんな経験を毎日のように積み重ねていくと、心がそのダメージに耐えられなくなるので、何も感じないようにバリアを張るようになります。

そのバリアで自分の心のダメージは感じなくなりますが、
でもそれは同時に他人の心もよく分からない状態にしてしまうんですね。

人間的魅力のある人は、自分の心も他人の心もよく理解できる人です。

だから、あなたが自分に嘘をついて営業をしていると、自分の心も相手の心もよく分からないような人間的魅力のない営業になってしまうのです。

だから、営業は誠実でなければならないのです。

誠実って何かというと
①心の中で思ったこと
②言葉
③行動
この3つを一致させることです

言ってることとやってることが違うじゃん!と思われてはいけないということです。

ただ、そうは言っても、心の中で思ったことだからと言って、「あなたはデブですね」みたいに相手を傷つけてしまうようなことは当然言ってはいけません。

それは常識の範囲でわかりますよね。

誠実な営業をして相手の役に立てば、貢献できた喜びを感じることができ、それが自分の心の栄養になっていきます

そのようなプラスの感情を蓄積させていくことで、人間的魅力が磨かれていくわけですね。

あなた自身に対するファン

画像の説明

さらにもっと大事なことがあるので一言。

商品やサービスのファンになるとともに、もっと大事なことは、自分のファンになることです。

自分自身を過小評価していては成功はありえません。

「自分はこういう人間だ」と誰しも自分に対するイメージを持っています。

そのイメージはこれまでの経験に基づいて作られていきます。

自分自身に対するイメージをセルフイメージといいますが、人は自分が思い込むセルフイメージを超える存在にはなれません

未来の自分は10ぐらいの実力になると思えば10ぐらいの実力になるし、

100の実力になれると思えば、100に近づくのです。

セルフイメージが高ければ、現実もそのイメージに近づいていくのですから

自分の成功を信じてくれる一番のファンは自分であってください

世の中に成功するための方法などが溢れていますが、結局すべてはどんなセルフイメージを持っているかなんですね

セルフイメージについては、こちらの記事に詳しく書いてますので参考にしてください↓↓
売れる営業になるためのセンターピン


マインドセット 目次